低血圧の悩みをすぐに解消しよう|身体の調子を整える健康食品

女性に多い病気

栄養補助食品

具体的に起こる症状

貧血というと、若い女性を中心に起こりやすい病気です。ある統計によると、現代女性の約3割が貧血もしくは貧血予備軍だといわれているのです。貧血にも色々種類がありますが、特に多いのが鉄欠乏性貧血です。これは、赤血球の原料となる鉄の摂取不足、生理による血液の損失で起こります。鉄欠乏性貧血になると、めまいや立ちくらみの他に色々な症状ができます。たとえば、口内炎や口角炎が引き起こされやすくなります。というのも、口の粘膜は代謝が激しいですが、貧血だと細胞の生まれ変わりが停滞するからです。よって、口の中のトラブルが起こりやすくなります。それと、赤血球が足らず全身に酸素が足らなくなるので、心臓が速く動くようになります。その結果、ちょっとした動作でも動悸・息切れがでます。

効果的な改善方法

鉄欠乏性貧血は、主にダイエットのために食事制限をしていることが原因で生じます。なので、改善のためには、毎日の食事をバランスよく食べる事が大事です。特に食べなければいけない栄養素は、鉄分とタンパク質です。これらの成分は、血を増やす材料となるからです。鉄分が含まれる食材は、高野豆腐、ひじき、豆などが有ります。一方、たんぱく質は、豆腐、豆類、赤みの魚、牛肉、豚肉などが有ります。なので、毎日の食事で気をつけて食べるようにすると良いです。それと、ビタミンCという栄養素も、食品に含まれる鉄が体で利用されるために不可欠です。なので、ビタミンCを含むいちご、ブロッコリーやピーマンなどを積極的に摂る事が大事です。