低血圧の悩みをすぐに解消しよう|身体の調子を整える健康食品

鉄分をとりましょう

2人のメンズ

症状や原因

貧血とは血液中の鉄分が不足する病気のことです。主な症状はめまいや立ちくらみがしたり、食欲が無かったり、顔色が悪くなったりするなどがあります。貧血になると、少しでも体に血液を流そうと心臓の動きや肺の動きが活発になります。そのために体がとても疲れやすくなるのです。貧血には種類があります。一番よく見られる貧血は鉄欠乏性貧血です。症状は上記の症状が主に出てきます。更に口の中の粘膜やあかんべえをしたときの下まぶたが白っぽくなるなどの症状が見られます。それだけではなく、ひどくなると爪がスプーン状に反り返ったり、もろくなったりします。この鉄欠乏性貧血の原因はまず一つに鉄分不足があります。食生活に置いて赤肉を食べなかったり、妊娠など鉄の利用が多くなったりしたときに起こる鉄分不足が一つです。二つ目は出血です。これは主に女性の生理による出血や消化管出血が考えられます。

主な治療法

貧血の治療でするべきことは、まず鉄分を多く摂ることが大切です。食事摂取基準によると成人女性は月経があるため一日に10.5mg、成人男性は7.5mgの鉄分の摂取が推奨されています。鉄分が多く含まれている食材は主にレバーやカツオ、ドライフルーツ、ひじきが挙げられます。また鉄分の吸収率を上げるためにタンパク質やビタミンCを一緒に摂るといいです。栄養のバランスがとれた食事を摂ることが大切です。また、医師に頼んで鉄剤を飲んで治療を試みることも治療法の一つです。鉄剤は一日に1〜2回内服します。内服を開始して3〜4週間でヘモグロビンは増加します。けれども体全体の鉄分不足を補うためには2〜3ヶ月の服用が必要です。しっかりと鉄剤の服用を継続していくことがポイントです。